アクティブキャンセレーション

磁場の変動はMRIなどの医療のイメージングに影響を及ぼします。この影響の対策として、適切でない環境にて装置を設置する場合、遮蔽法がとられることがあります。遮蔽法には、受動補正と能動補正があります。MRIスキャナー周辺にDCもしくはAC磁場の遮蔽可能な物質にて部屋をつくることは受動補正にあたります。厳しい条件下では、能動補正法が使用されることがあります。この際、測定磁場と同じ強度の磁場を反対の向きに発生させることにより安定した磁場を保ちます。磁場の変動を測定しキャンセレーションシステムに出力するために± 1000µTのMag-13が使用されます。測定範囲が大きいほど、センサはMRIスキャナーに近づけることができます。

高い周波数でのシグナルを減衰時、高い周波数にて測定できるセンサが必要となるかもしれません。この場合、Mag639が使用されます。