アクティブ磁場キャンセレーション

中性子や電気的双極子モーメントの測定など物理実験において、ゼロ磁場もしくは安定した磁場環境にて行う必要があることがあります。

磁気シールドを用いる際、フラックスゲートセンサはアクティブ補正のためのフィードバックセンサとして使用されます。1つのケースに入っているMag-13MSやプローブエレクトロニクス部が分離されているMag-13U-TPU、Mag-03IE、Mag-03MCTPが用いられます。2つの部分に分離されていることにより、センサは制限された場所に設置することができます。Mag690が使用されることもあります。

低温でのアプリケーションでは、1軸磁気センサとMag Fプローブの組み合わせにて使用されています。

同様の方法にて、電子顕微鏡など干渉されやすい装置をシールドするのに使用されます。