航空磁気学

航空機からの磁気調査はダイヤモンドの母岩を探す等の鉱物探査において、行われます。この調査により地中で探査が必要となる場所を知ることができます。

近年まで主に人工飛行機により調査が行われていました。測定を行うセンサと飛行機による磁気特性の補正に使用されるフラックスゲートセンサの組み合わせによる使用されます。Mag-13MSL磁気センサがこのアプリケーションによく使われますが、Mag629などの航空用途で使用向けのセンサが使用されることもあります。

最近では、無人飛行機による航空からの磁気調査のアプリケーションにおいても使用されています。重量と電源の制限により、センサの組み合わせではなく、フラックスゲートセンサのみで全磁力の校正においても使用されます。主にMag-13センサが使用されますが、電源が制限されている場合、Mag648やMag649が使われることもあります。Mag658デジタルセンサはシステムへの組込みに適しています。




<--

–>