考古学・科学捜査

磁気炭鉱は考古学と科学捜査において、同様に使用されます。強磁性の人工産物、焼却において発生する磁気特性、また単純に穴を掘る等により地中の磁気と屈性に影響をあたえるため、変則的な磁場分布の元となります。

Grad601Grad-13などの高性能なグラディオメーターにより高性能な変則的な磁場のマッピングとし、溝や建物、墓など考古学的な特徴をみつけることができます。

グラディオメーターの測定はセンサ部の磁気成分からその場所での磁気成分の差分をとることにより、グラディオメーターの測定は持ち運びできるようになっています。

1軸センサはこのアプリケーションに適していますが、Grad-13により3軸成分の磁場情報を得ることにより、変則的な磁場の元となるより多くの情報を得ることができます。

このシステムは非磁性カートと共に使用できます。このカートにより複数のセンサを同じプラットフォームマウント、カートベースでのGPSの調査、、少ない時間でより多くの面積の調査が可能となります。

帯磁率計は現場での迅速的なアセスメントに使用されます。人の行動による帯磁率の変化を測定できます。フィールドマッピングはMS3, MS2D, MS2Fを用いて行われ、地表の状態にてどのセンサを使うか判断されます。露頭にてMS2K、ボアホールにてMS2Hを用い垂直のプロファイリングを行うことができます。同様のマッピングツールは穴を掘ったり埋めたりなど小規模の調査での帯磁率の違いの特定も可能です。