環境磁場の測定

ゼロ磁場での環境の他、実験の場所などの正確な情報が必要となることがあります。磁場測定により磁気的に誘発された事象と知りたい事象を分別することができます。

また、周囲の測定に基づき測定場所での磁場を予測できます。ただし、磁場空間周辺にたくさんのセンサが必要となります。

室温にてMag-13Mag612Mag619Mag690が使用でき、特にスペースに制限がある場所においてはMag612, Mag619が使用されます。低温でのアプリケーションでの高性能な磁気測定はMag-01HとプローブFが用いられます。

アクティブ補正しない場合、シールド内の残留地場のマッピングに使用され、実験前後の周辺磁場の情報が得られます。