コンパス・磁気センサの校正

携帯電話や距離計などにコンパスが使用されており、精度の高い校正によりコンパスからのデータの精度を向上することができます。

また、周囲の測定に基づき測定場所での磁場を予測できます。ただし、磁場空間周辺にたくさんのセンサが必要となります。

ヘルムホルツコイルは携帯電話に内蔵されたセンサやセンサ単体として、精度の高いセンサの校正に適しており、HC1HC2HC16が用いられます。

PA1、CU1は適したデータ収集カードを介することによりパソコンからのコイルの制御が可能となります。また、CU2モジュールを共に使用することでゆっくり変動する磁場の変化をアクティブ補正します。