傾斜掘り、掘削中の測定

掘削は操舵装置を使用することにより現在行われています。3軸アクセラレータ、位置をきめるセンサ、フラックスゲートセンサ等の磁気センサを組み合わせて使用することにより、遠隔地の資源へのアクセスが可能となりました。

掘削中測定の道具として低ノイズのフラックスゲートセンサを使用することで、精度が向上します。Mag610 プローブは175°C、Mag611プローブは215°Cまでの温度範囲にて使用できる低ノイズ仕様のプローブです。Mag614は175°Cまでの温度にて使用できる小型のセンサです。