掘削装置の校正

オイルやガス産業において、傾斜掘り、掘削中の測定、広地域偵察等掘削に使用される道具は方向を決めるために磁力計を使用しています。

これらの装置は誤差を減らすために定期的に校正されます。掘削堀や掘削中の測定は地磁気が影響し校正はDC磁場内にて校正されまするため、個性はDC磁場内にて行います。磁気センサを一定の地磁気中に配置することによりセンサの校正ができますが、磁場が安定した場所を見つけるのが難しいため制御された磁場環境下にて校正を行います。

バーティントン社のヘルムホルツコイルはどの方向へ対しても正確な磁場が発生でき、センサの校正に適しています。磁気的に静かな場所でセンサを回転するより現実的です。大きい直径のコイルを使用することにより広い均一磁場空間となり、様々なツールの校正が可能です。

能動補正モジュールの使用によりコイルの周辺を磁気的に静かな環境にする必要がなく、保管場所や製造施設付近にてDC磁場の測定が可能となります。