古地磁気・環境調査

帯磁率の情報はサンプルの起源や運搬された歴史などのマーカーとして使用されます。MS3帯磁率は幅広いセンサとの組み合わせで土壌からボアホールのアプリケーションにおいて帯磁率測定ができるよう設計されました。

MS3とMS2D、MS2F、MS2BもしくはMS2Gとの組み合わせで、サンプル中の汚染の度合いを調査に使用されます。車両等から排出される物質など産業の過程において排出された物質は地面や地表等に堆積します。実際の場所での測定や屋外で採取されたサンプルの帯磁率の測定に適しています。

MS3とMS2Bは古地磁気の少量サンプルの測定に使用されています。酸化鉄の状態は天候に左右されるため、サンプル中の帯磁率の値より酸化状態を知ることでそのサンプルが堆積した時代の環境状況を知ることができます。

地形や浸食調査においても帯磁率の情報は使用されます。帯磁率から堆積物の起源をたどり堆積に必要となる条件を知ることにより浸食プロセスの調査ができます。周波数依存性をMS2Bにより調べられることでサンプル起源の情報を得ることができます。