土木地質技術

建設において地中の構造を把握しておくことは重要です。例えば、ボアホールで磁気情報を用いることである深さにおいての土台等を確認することができます。不発弾探知同様、Mag-13などの3軸磁気センサ、Grad-13などのグラディオメータにより磁気に関係する近くの構造の調査に用いられます。また、地中のパイプや油井等にも使用されています。

また、ユーティリティを配置する際にパイプやケーブル等避ける場所を知る用途において使用されています。

その位置でのユーティリティの場所のツールへの組込に適したタイプのセンサもあります。沖合でMag-13, Grad-13をベース
にしたセンサアレイによりケーブルの位置のマッピングでの使用事例があります。