Grad-13

Grad-13Sはバッテリーボックス、グラフィカルな表示を可能としたソフトウェアと共に不発弾探知や地盤工学等のボアホールのアプリケーションに使用されます。

地表の考古学調査にておいては、非磁性カートにGrad-13センサを搭載し、8-wayマルチプレクサボックスより電源を供給し、Ethernet接続によりシグナルを出力します。

GeomarのソフトウェアによりGPSをベースとしたシステムのデータ収録が可能となります。測定データは可視化を可能としたTerrasurveyorソフトウェアと互換性があります。どちらのソフトウェアも提供しています。

  • 完全に補正した3軸磁気センサとグラディオメーターのデータ。
  • APIに適応したRS485インターフェース
  • 帯域幅: 200Hz
  • 陸地(IP67規格)で使用するタイプと水深200mまでにて使用できるタイプがあります。