地磁気中でのリファレンス

ドリル中の磁性体の偵察の精度の向上に地表にて正確な磁気マッピングと地磁気のモニタリングが行われます。本来の場所でのデータを地磁気モデルに追加し掘削の道すじを決定する情報となります。

Mag-01HDI 伏角偏角計は数秒の精度にてその場所にて伏角・偏角マッピングが可能です。油井の通り道をグリッド上にて測定し、その地点にて地質や磁場の変動の理由となる磁場のモデルを最新にします。これにより方向に関する精度の誤差を最小とします。

沖合では、センサの動きを記録との組み合わせにてMag-13等の高性能な3軸磁気センサを使うとによりセンサの動きに関する磁場変動を補正します。