低磁場MRI

MRIはイメージングの方法として優れていますが、屋外での使用には適していません。磁場振幅を小さくすること持運びが大きくすることができる可能性があります。磁場の干渉はイメージングに影響するため外部の磁場の情報は必須となります。Mag-13などの高性能のセンサは外部磁場のモニタリングに使用される他、低磁場MRIのイメージの向上にアクティブ補正に使用されることもあります。

磁性マーカーの向上は低磁場でのイメージングのテクニックの向上にも使用されます。Mag-13センサは磁性マーカーの研究に、MS3帯磁率計はMS2Gとの組み合わせにて磁性粒子の特性やMRIの対比マーカーの特性の評価にも使用できます。