変則的な磁場の検知

磁力計は潜水艦探査によく使用されます。潜水艦は主に強磁性の物質でできており、周辺にて地磁気を歪曲します。残留地場の情報と組み合わせることにより飛行機から潜水間の検知をする目的で変則的な磁場の検知は発展しました。

磁場の変動検知は、数値的な磁場測定から機体影響を取り除くなど、測定値の大きさを表す磁気センサと機体の磁場補正のための高性能なフラックスゲートセンサの2つの磁気センサにより行われます。

防衛用途にて機体での使用するための標準の規格に準じているセンサを扱っています。特にノイズが小さいMag669, Mag628, Mag629磁気センサは変則的な磁場の検知のために開発されました。Mag629は主に人により制御される機体での使用されるパッケージに入ったタイプです。Mag628, Mag669は重量を減らすためパッケージに入っておらず、より低い位置を飛行する無人飛行機の変則的な磁場の検知での使用に適しています。