磁性ナノ粒子

磁性ナノ粒子は酸化鉄等からなる非常に細かい粒子のことです。

磁性ナノ粒子はイメージングからがん細胞の治療など様々なアプリケーションに応用されています。磁性ナノ粒子は通常ナノ粒子よりサイズが大きい特定の分子に結合することにより、磁性ナノ粒子は腫瘍などの特定の細胞と関連づけることができます。MRIや精度の高い磁力計を用いることにより融合した物質のイメージングができます。

磁性ナノ粒子はがん細胞の発見と治療のためにも使用されます。この際、AC磁場を磁性ナノ粒子の中で熱を誘発させてがん細胞を破壊します。

磁性ナノ粒子の品質の評価は様々な方法で行われています。帯磁率計(MS3, MS2B, MS2G)を用いることにより、複雑なシステムを使うことなく迅速に必要となる数値を得ることができ、磁性ナノ粒子のバッチ測定も可能となりました。