磁性体の広域偵察

磁性体のある位置の場所とボアホールに正確に磁気センサを配置することにより磁性物の位置の広域偵察が可能です。Mag610・Mag611高温プローブは175°C、215°Cにて使用できます。Mag614はプローブヘッドが25x10x20mmと小さく175°Cの環境で使用できます。センサのノイズ性能は高温プローブの中で大変、特に低ノイズのモデルのセンサは<30pTrms/√Hzです。

低ノイズの測定により磁性体のある場所への高精度の測定が可能となり、磁性体のある場所への距離をより正確に判定できます。

プローブは小型のダウンホールツールへの組込みに適しています。プローブの組込み目的に高温エレクトロニクスの設計を可能とするエレクトロニクス概要を提供しています。