磁気シールド

このミューメタルによる円筒型のシールドは周囲の磁場を歪曲するおとにより、内部への影響を小さくします。

オープン型とクローズド型のシールドがあり、クローズド型は内部の直径が異なる2タイプあります。クローズド型はサンプルチャンバーの両側にシールドがあるため、向きによる影響が小さくなります。オープン型はE-W方向に配置することでより効率的です。

どちらの型式においても~50,000nTレベルでの地磁気を~1nTまで減衰し、残留地場や磁気センサのエラーを測定できます。

機械的な衝撃や強磁場へさらすことにより、小さい磁場が円筒型の内部に蓄積することがあります。この磁場は消磁ワンドにより取り除くことにより、測定前に内部の磁場をゼロ近くとします。

    TLMS-O100オープン型磁気シールド

  • 片側オープンのため容易なアクセス。
  • シリンダー内のガイドレール。
  •  
    TLMS-C100、TLMS-C200クローズド型磁気シールド

  • 取り外し可能な3層のふた。
  • 内部の直径: 100 もしくは 200mm
  • 4mmの検査用アースソケット。