パイプラインの検査

パイプラインは通常磁性体ののある金属にてできており、この金属は腐食し時間の経過により劣化や傷ができることがあります。通常の検査によりこれらの傷の早期発見が可能です。

内部検査の方法としてピギングがよく使用されますが、曲げ半径に制約があるため検査できるパイプラインに制約があります。他にパイプラインに電流をながし磁気リークをモニターする検査方法があります。この方法はパイプラインに接触する必要があるため使用できる距離に制限があります。

磁気トモグラフィは干渉することなく迅速にアセスメントできる方法として、発展しました。Mag-13などの高性能フラックスゲートセンサを使用することにより、パイプラインのストレスの状況関連する小さな磁場変動の測定ができます。Mag-13センサの他、低電力であることを要求される場合、Mag648/Ma649が使用されることもあります。この方法により検査を行う場合、フラックスゲートセンサが使用されます。

アプリケーションによっては、センサは手持ちのプラットフォームにより使用することもあります。