宇宙天気・地磁気誘導電流

太陽の活動によりソーラーシステムに高価電の粒子が放出します。この粒子が磁気圏にて影響されたとき、オーロラが発生することがあります。また、特に高緯度において惑星の磁場に大きな変動が生じ、サテライトや電気のネットワークに大きな影響をもたらすことがあります。磁気変動の予報を行う機関により地磁気変動のモニタリングにMag-13磁気センサが使用されます。ネットワークや変圧器の保護を目的に電力会社によっても使用されています。

ソーラーシステムによる影響を軽減するために電力ネットワークは、地磁気誘導電流を伝達ラインにてモニタリングします。遠隔地にて低電力にて駆動する低価格の多くのセンサが必要となることが多いためMag648・Mag649が使用されることが多いです。