超電導空洞の残留磁場測定

中超電導空洞は、アクセラレータにて粒子の速度を加速するために使用されます。粒子の速度は電磁波に影響されます。

低温でのアプリケーションでは、1軸磁気センサとMag Fプローブの組み合わせにて使用されています。

急冷することでチャンバーにストレスをかけ磁場が表面にされるトラップされるなど、品質や効果は製造の過程に影響されます。

実験中にMag-01Hや低温にて使用できるプローブFで残留磁場をモニタリングすることで、品質を保証することができます。