層位コア相関性

サンプルの磁気特性を見極めるために帯磁率計が使用されます。サンプルやコア、ワイヤラインを使用したボアホールの性質や鉱石の含有量を知るため、ボアホールや鉱物探査のコア分析調査が行われます。コアの分析にはMS3とMS2Cが使用され、BSS-02Bはワイヤラインツールに組み込まれます。鉄鉱石やダイヤモンド探査等のアプリケーションにおいて使用されています。

近年では石油・ガス産業にて岩石物理が研究されています。これにより、帯磁率は透磁率測定の代わりとなることがわかりました。また、屋内での分析ではなく、コアの準備をする必要がありません。

帯磁率はコアの分析は屋外で行うことができ、透磁率のパラメターはその場で評価できます。コアの分析はMS3とMS2Cにより測定でき、空間精度を上げるためMS2BやMS2Eが使用されます。