不発弾探知

海中での不発弾の廃棄ダイバーが潜水することとなりますが、爆発物が作動しないためには磁気シグニチャーが小さくなければなりません。このようなダイバーのダイビング備品を製造する会社はSpectramag-6Mag-13を使用し部品に残っている磁場を確認します。

Mag-13は訓練のための模擬機雷に組み込むことで、実際の作業での磁気シグニチャーを確認しこの方法で安全であることを確認できます。Mag-13の他、Mag648・Mag649が用いられることもあります。

同様の装置を不発弾探知のための車両の磁気シグニチャーの確認にも使用されます。Spectramag-6と共に使用することでシステムとして使用できます。

Grad-13 3軸グラディオメーターが陸地もしくは海中にて不発弾探知に使用されることがあります。グラディオメーターをアレイにて垂直方向に車両前方に取り付けて測定することが多いです。グラディオメーターの他、Mag-13Mag648・Mag649を検知のために用いることもあります。この場合、センサの出力を全磁力を得るために補正することが推奨されます。